金沢市 借金返済 弁護士 司法書士

債務整理・借金の相談を金沢市在住の人がするならここ!

借金返済の悩み

借金の金額が多すぎて返済がつらい…。
債務整理をして、借金の苦しみから解き放たれたい…。
もしもそう思うなら、一刻も早く司法書士・弁護士に相談を。
弁護士や司法書士が提案してくれる解決策で、月々の返済金額が減ったり、督促がストップしたり、という様々な恩恵を受けられる可能性があります。
最近ではネットで無料相談ができる法務事務所・法律事務所も数多くあります。
ここでは、その中で金沢市にも対応している、おすすめの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
また、金沢市にある法務事務所や法律事務所もいくつかピックアップしているので、それらも参考にしてください。
借金問題は、一人ではなかなか解決できません。
弁護士・司法書士の知恵を借りて、解決の道を探しましょう!

金沢市に住んでいる方が借金や債務整理の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

金沢市の債務・借金返済問題の相談なら、コチラの事務所がオススメです。
弁護士対応で、全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が無料だから、現在の手持ちがなくても安心です。
費用の支払いは、分割払いも可能。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金の取り立てをSTOPするのもできます。
任意整理、過払い金、自己破産、個人再生、など、債務・借金の悩みについて無料で相談できます。。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(電話料無料)で相談を受け付けてくれるので、借金返済で困っている人も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、債務や過払いの問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたに適したやり方で借金や多重債務の問題を解決していきます。
また、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻した過払い金から費用を精算できます。
任意整理においても、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいので、おトクに解決することが可能です。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方でも安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

金沢市在住の方が借金・債務整理の相談をするなら、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットでできる借金解決のための診断ツール。
とても簡単な質問に答えるだけで、どのようにして借金を減らすかという方法や、月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にもピッタリです。
しかも無料&匿名で利用できます☆
全国に対応しているサービスなので、金沢市在住の方も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料&匿名で使える!
  • 全国対応!
借金問題を解決するための第一歩として、無料診断ツールを試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の相談と診断を。



弁護士へ相談前の注意



金沢市近くの他の司法書士や弁護士の事務所紹介

金沢市には他にも法律事務所・法務事務所があります。これらも参考にしてください。


●殿島司法書士事務所
石川県金沢市新神田4丁目4-19
076-291-7304
http://tonoshima.com

●山崎利男法律事務所
石川県金沢市尾張町1丁目7-1
076-232-0900

●兼六法律事務所
石川県金沢市小将町3-8
0120-618-114
http://kenroku.net

●石川県司法書士会
石川県金沢市新神田4丁目10-18
076-291-7070
http://ishikawa-shiho.or.jp

●中山博之法律事務所
石川県金沢市大手町6-26
076-231-0070

●久保司法書士事務所
石川県金沢市新神田3丁目8-15
076-291-5333

●山田達也司法書士事務所
石川県金沢市畝田中4丁目1-11
076-268-5360
http://homepage3.nifty.com

●大手町法律事務所
石川県金沢市大手町15-12 大手町ビル 2F
076-234-6606

●畠山美智子法律事務所
石川県金沢市大手町15-32
076-223-7100
http://hatakeyama-horitsu.jp

●香林次郎八土地家屋調査士事務所
石川県金沢市諸江町27-11
076-233-0007

●飯倉宣彦司法書士事務所
石川県金沢市新神田4丁目9-23
076-291-4433

●岡崎司法書士事務所
石川県金沢市新神田2丁目13-21
076-214-6374
http://sihou-okazaki.com

●弁護士法人金沢税務法律事務所
石川県金沢市駅西本町5丁目1-1 MTビル2階
076-262-3628
http://zeimuhouritsu.com

●ネクスト法律事務所
石川県金沢市尾張町1丁目2-23 プチハイム尾張町 1F
076-261-6670

●平野功司法書士事務所
石川県金沢市新神田3丁目9-24
076-291-8770

●弁護士法人 金沢合同法律事務所
石川県金沢市兼六元町9-40
076-221-4111
http://kanazawagoudoulaw.com

●内田清隆法律事務所
石川県金沢市大手町7-13
076-222-3730
http://uchida-houritsu.com

●金沢弁護士会
石川県金沢市大手町15-15 金沢第2ビル 3F
076-221-0242
http://kanazawa-bengo.com

●高嶋茂樹司法書士事務所
石川県金沢市泉本町6丁目64
076-243-1210

●石川県司法書士会
石川県金沢市新神田4丁目10-18
076-292-8133

地元金沢市の弁護士・司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、直接相談よりも、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、心理的に相談しやすいのではないでしょうか。

金沢市で借金問題に弱っている場合

クレジットカードの分割払いやキャッシング会社等は、とても高利な利子がつきます。
15%〜20%も利子を払うことになります。
住宅ローンの場合だと年間0.6%〜4%ぐらい、自動車のローンの利子も1.2%〜5%(年)ぐらいなので、すごい差があります。
さらに、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定している金融業者の場合、利子がなんと0.29などの高い金利を取っていることもあります。
非常に高額な利子を払いながら、借金は膨らむばかり。
借金を増やしたのは自分の責任なので仕方ないのですが、金額が大きくて高利な利子という状態では、返済は辛いものでしょう。
どうやって返せばいいか、もうなんにも思いつかないのなら、法律事務所・法務事務所に相談するしかないでしょう。
弁護士や司法書士なら、借金を返す解決策を見つけ出してくれるはずです。
長期の返済計画かもしれないですし、過払い金を返してもらって返す額が減るのかもしれません。
まずは相談、これが解決への始めの一歩です。

金沢市/任意整理の費用はどれくらい?|借金返済

任意整理は裁判所を介さず、借入を片付ける手口で、自己破産を避けることができるというメリットが有るから、昔は自己破産を勧められる事例が複数あったのですが、この数年は自己破産から脱し、借り入れの悩みをケリをつけるどちらかと言えば任意整理の方が多数になっているのです。
任意整理のやり方として、司法書士が代理の者としてやみ金業者と手続等をして、今の借り入れ金を大きく減らしたり、およそ4年位の間で借入が返済出来る払い戻し可能な様に、分割してもらうために和解を行ってくれます。
しかしながら自己破産のように借り入れが免除されることでは無くて、あくまでも借入を払戻すことが前提であり、この任意整理の手続をすれば、金融機関の信用情報機関に情報が載ってしまうのは間違いないから、お金の借り入れがおよそ5年程は出来ないだろうという欠点があるのです。
だけど重い利子負担を減らすと言うことが出来たり、業者からの支払の要求の連絡がストップして心痛がずいぶんなくなると言う良い点があるのです。
任意整理には幾分かの経費が必要だが、手続等の着手金が必要で、借金しているクレジット会社が多数あるのなら、その一社ごとにいくらか経費が必要です。又何事もなく問題なく任意整理が終了すると、一般的な相場でおよそ10万円前後の成功報酬の幾らか経費が要ります。

金沢市|自己破産のリスクって?/借金返済

はっきし言えば世の中で言われているほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。土地、高価な車、マイホーム等高値な物は処分されますが、生活する中で必ず要る物は処分されないです。
また二〇万円以下の預金は持っていてもよいのです。それと当面数箇月分の生活費用が百万未満なら没収されることはないです。
官報に破産者のリストとして記載されるのですがこれもごく一定の人しか見ないでしょう。
又世にいうブラック・リストに記載されしまって七年間位はキャッシング・ローンが使用出来ない情況になるが、これは仕方無い事です。
あと定められた職種に就職出来なくなることがあるのです。けれどもこれも極特定の限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返す事の出来ない借金を抱えているのならば自己破産を実施すると言うのも1つの方法でしょう。自己破産を進めたならば今までの借金が全て帳消しになり、新たに人生を始められるという事でメリットの方が多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として税理士や司法書士や弁護士や公認会計士などの資格は停止されます。私法上の資格制限として後見人、遺言執行者、保証人にもなれません。又会社の取締役等にもなれません。だけれどもこれらのリスクは余り関係ないときが多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きな物ではないはずです。

関連するページの紹介